ネットのありがたいでとっておきの重宝している重宝WEB

10カテゴリー限り前になります。
ご高齢も健在でご活躍中の部類モデル・瑳川哲朗ちゃんが若い頃に出席されていた時劇「大江戸捜査網」のドラマがCSで再番組されていました。
我々は養育に迷い、運命の要素を悲観するような一年中でしたが、井坂十蔵を演じていらっしゃった瑳川ちゃんは当時は依然として今のような品位いる体形ではなく(すみません)、がっしりした寸法ながら殺陣も加盟もとてもお上手で、この人素晴らしいなーというようになり、ウィークデイ毎日の番組だったので欠かさず観るようになりました。
気違いの各地ともネットで面白く攻防できるようになりました。

とある回。瑳川ちゃんの体調をはった演奏ぶりに、ベタな文句ながら雷に打たれたようになってテレビにしがみつきました。
「この人に会いたい!」という。
二か月後半、思いきって気違い書状を出してみたら、嫁さんからお受け答えが届きました。達筆であたたかな文でドラマの映像(エンブレム入)なども同封していただき、嬉しくてわめきました。
三か月後半、瑳川ちゃんは大阪参加にいらっしゃってお会いできました。……笑顔ではありましたが、無気力な我々を見透かされたような、その硬い予覚には瞬殺状態で泣く泣く帰りました。一流の方の凄まじさというものを味わいました。

年間半後半、再会の機を得られました。
mixiで出会った顧客って挿絵のコラボレーション展をすることになり、瑳川哲朗ちゃんが属される部類の大阪参加の日時と重なったのです!
ただ、参加の切符は入手できませんでした……。
参加のきのうだったか、お便りといった食い違い入を持ち歩くと養成内輪ということで防衛員ちゃんに託しました。
コラボレーション展終了のきのう、参加は最終日。
今でお帰りですなぁと思いながら画廊に行くといった……バッグがドアノブにかけられていたといった、持ち主ちゃんから捉えました。
中には、参加の冊子(ご自身のサイトにエンブレムが!)といった寝泊り先の旅館の便箋による直筆のお便りが入っていました。
画廊の飯台のフロント、膝を折って震えながら読みました。嫁さんほどでなくても、達筆でした。
「運命は若い時に思うよりも少なく、自分の思うように、待ち望むように通じるのが何よりもきっかけ。って老齢になった我々はそんなに任せる現時点だ」
と、御礼とともに書かれていました。
こういう一文だけは、今でもそらで言えます。衰えにおいて、運命に対して真剣に企てるようになりました。

もしや出会えるかもしれない。
先方や画廊まで来てくれた我々が気違いですことを知る皆があったかく送り出してくれて、劇場へ行きました。
タクシーが何机も出て、会えみたいにないなと舞い戻りかけたところに、モデルちゃんが乗ったタクシーが出てきて……駆け寄るってドライバーちゃんが止めてくれ、お声をかけさせて頂くという、瑳川ちゃんは目を大きくしてからニンマリ笑って、醸し出した私の戦法を大きな手で取り囲むように握ってくれました。
ミラクルものの毎日でした。

現在、我々は運命の大きな契機を迎え、瑳川ちゃんの単語の趣旨を考えるようになりました。
蜷川幸雄ちゃんも以前お亡くなりになり、瑳川ちゃんもご高齢なので、引退変わる前に再度参加を観に行かなくては。
瑳川哲朗ちゃんのyesと頂いた単語は、今もこれからも私の肝ったまだ。ありがとう。金を高価買取する